太い志を携えて。

本、映画、舞台、音楽、恋愛、社会について思ったことをずらずらと。

2/21_エネルギー漏れ_マイナスリターン_死んだような日々_待ってろ電通_これからの俺。

死んだような毎日を過ごしている。

これは現実逃避なのだろうか。

FIFA19をやって、Youtubeを見て、気づけば16時とかで。そこから、色々して、深夜3時ぐらいまでまたYoutubeを見る生活。

死にそうな体調、やる気なんてとっくにどっかへ行ってしまったみたいだ。

こうした状態を解決するためにはマイナスリターンをとにかく減らして自分のセルフコントロールをする以外ないだろう。

確かに今日までクソみたいな大学生活を過ごしてきたのは事実だ。でも、でもせめて就活残り1ヶ月は走り切ろう。最低でも最低なりの結果は出せるはずだし。そのための時間はまだあと1ッカゲツも残されている。

就活だけを考えて全てをかけて取り組もう。

これは決意表明だ。

逃げるな。10年後の目標は絶対に高層マンションの海と夜景が堪能できる4LDKのマンションに住んで、そこで最高の友人と、彼女と、仲間と毎日を過ごすんだ。

待ってろ、秋元康中田英寿藤田晋前田祐二。。

おれはそっちの仲間に入る。

腐った毎日を変えるためにはこうした日頃の心のすみかが必要なんだ。

これはずっとそうで。

おれはこのすみかがなければ死んでしまう。

明確なビジョンとして、電博に入る。ないしはエンタメ最大手に入る。とにかく新卒切符を納得できる企業に使う。それだけ。

その後の人生は内定した企業から決める。

いずれにせよ、人生で成し遂げたいことは決まっている。

まず、1番はお母さんだ。今お母さんは48。10年後は58歳。20年後は68だ。

お母さんに親孝行をすること。お母さんが望むことを全て叶えてあげることができるような人間になること。これを最短で叶えるためにはどうすれば良いのか考えながら、行動する。お母さんがやりたいと行っていたことは、

・WORKSHOPを海外でやること

ポルトガル・ブラジル・ヨーロッパ旅行をすること

・孫の姿を見せてあげること

・ツリーハウス・キャンピングカーを持つこと

ざっとこんな感じ?これらを実現するために必要なのは、お金と時間だ。

体調がいつまで健康か人間はわからない。だからこそ、これら全てにかかるお金が総額およそ、1000万くらいだとしたら、1000万キャッシュで渡せるような人間にならなければいけない。

何歳までに?10年後。10年後俺は、31歳。おかあさんは58。それまでにキャッシュでおかあさんに1000万渡せるような人間になっておかなくちゃいけない。

ってことは会社に所属するのは長くても5年くらい?それか、副業で月収複利で回して行って30までに年商1億達成する?

やりかたはいくらでもあると思うから考えながらだな。

 

30歳まで

・高層ビルに住むこと

・イギリスで毎週プレミアリーグを見る生活を2年以上すること

・NYないしはアメリカで仕事を定期的にすること。

・世界トップ人材になること→日本を代表するエンタメ実業家として日本のエンタメ業界を面白くすること

・憧れの芸能人・業界人と仲良くなる

・おかあさんの夢を叶えてあげる。(1000万くらい余裕を持つ)

・海外留学MBAとる

 

 

40際まで

・子供を二人以上授かること

・複数のビジネスを行い、年収1億円以上。

・日本と海外に家を買う

・サッカービジネスに携わる。クラブオーナーになる。

・日本最高峰、日本の歴史に残るエンタメを作る。

 

50際まで

・子供を全力で育てる

・家族を大切にする。家族と旅行や様々な体験をする。

・海外留学を経験させてあげる

 

60まで

・最高の人間関係を築き続け、人格者として生きる。

・やさしく、よわく、おもしろく

・映画・本を書く

 

死ぬまで

・ユニークに。少しでも「面白い」を多くの人に届ける

・いつまでもこどもでいる

・周りの人を愛する

・死ぬまで成長に貪欲に生きる

 

今日から改善すること

・FIFA19をやめる

→ジャンボゴールド選手パックを引き換えたらもうそれでやらない

・毎日自分の力で7時に起きる

・就寝および起床前後はスマホを見ない。

・寝る前、起きる時に今日やることをタスクとして認識すること