太い志を携えて。

本、映画、舞台、音楽、恋愛、社会について思ったことをずらずらと。

就活終了間近に「モチベーションの源泉」を発見した話。

自分のモチベーションはどこからきているのか。

それがわからなかった。わかったような気になっていたが、それでもずっとモヤモヤしていたのが今日、晴れた。

就活を通じて、自分はてっきり家庭環境の負から、母親に苦労させない暮らしを提供させることが人生の目的だと感じていた。

しかし、どこかで違和感を同時に抱いていた。その結果、就職先は年収がそこまで高くなくて、自分がやりたいことができそうな事業会社を選択することになった。

 

しかし、今日母親と話していて自分のモチベーションの源泉がどこにあるのかわかったため、このブログに忘れないように書き記しておこうと思う。

 

それは、「自己表現欲求」が異常に高いということだった。(主に体を使った表現)

 

思い返せば思い返すほど、幼少期の自分はそうであり、就活という社会の枠組みになる上で、自己表現欲求は邪魔者でしかないと思っていたため勝手に切り離していた。

 

それは仕方ないことだったのかもしれない。

企業ではその組織の中で与えられた数字目標を達成することが目的であり、自分が会社という組織を通じて自らを表現することはお門違いだからだ。

 

そんなことはわかっていた。だから、自分の根っこの部分を無視し、就活で偽物を演じるという表現を行い、それを楽しんでいた。

 

私は約1年ほど就活をしていた。サマーインターンシップから、本選考までちょうど1年間、面接を繰り返し続けた。しかし、それが全くもって苦ではなかった。むしろ、楽しかったのだ。周囲はできるだけ就活を短く終わらせることに必死だった。

内定をもらったらそれで就活をやめる。そんな人ばかりだった。

 

しかし、自分は違った。内定をもらっても面接を繰り返した。そして、第1志望から落選の連絡をもらった時も、本当にずっと行きたかった会社だったからショックは大きかったものの、1日寝たら復活し、再び面接を楽しむ日々へと戻って言った。

 

これは、「面接で内定を取り、就労の機会を得るために就活をする」という目的ではなく、「面接を通して、自分を表現し、そこで企業の人事に注目を浴びることを通じて自己表現欲求を満たしていた」のだと言える。だから、今もいく会社が決まっているにも関わらず就活を辞めたいと思わない自分がいる。

 

明らかに異常である。思い返せば、幼少期、ピアノの発表会であえてピアノを弾かないふりをし続けて、自分への注目が集まることを楽しんでいた。サッカーでも親御さんが応援しにきて、その中で自分がプレイすることでチームを勝たせることに快感を覚えていた。劇の主役をやった時も自分が主人公を演じることを通じて、自己表現欲求を満たしていた。高校では、学年トップの成績を収めることで自分が特別視されることに喜びを感じていた。二子玉川で誰も観客のいないライブを全力でダンスすることを通じて盛り上げ、満員にさせることもあった。そこにやりがい、喜びを見出していた。一方で、ライブに行くと、猛烈な悔しさを感じる。自分があの舞台に立ちたいと。なぜ自分は応援する側でペンライトを降らなければいけないのか。そこに苛立ちを感じる。

 

 

だからこそ、今後、体を使った表現を取り入れていくべきである。身体に関心があったのは大学1年の複合文化の講義を受けた時からずっとそうだ。

 

身体という切り口で今後自らの時間を使い、表現に落とし込むことが自分の人生を豊かに、幸せにしていくものなのかもしれない。

 

その姿を母親に少しでも見てもらえれば自分にとって最高なのではないか。

 

 

 

 

2/21_エネルギー漏れ_マイナスリターン_死んだような日々_待ってろ電通_これからの俺。

死んだような毎日を過ごしている。

これは現実逃避なのだろうか。

FIFA19をやって、Youtubeを見て、気づけば16時とかで。そこから、色々して、深夜3時ぐらいまでまたYoutubeを見る生活。

死にそうな体調、やる気なんてとっくにどっかへ行ってしまったみたいだ。

こうした状態を解決するためにはマイナスリターンをとにかく減らして自分のセルフコントロールをする以外ないだろう。

確かに今日までクソみたいな大学生活を過ごしてきたのは事実だ。でも、でもせめて就活残り1ヶ月は走り切ろう。最低でも最低なりの結果は出せるはずだし。そのための時間はまだあと1ッカゲツも残されている。

就活だけを考えて全てをかけて取り組もう。

これは決意表明だ。

逃げるな。10年後の目標は絶対に高層マンションの海と夜景が堪能できる4LDKのマンションに住んで、そこで最高の友人と、彼女と、仲間と毎日を過ごすんだ。

待ってろ、秋元康中田英寿藤田晋前田祐二。。

おれはそっちの仲間に入る。

腐った毎日を変えるためにはこうした日頃の心のすみかが必要なんだ。

これはずっとそうで。

おれはこのすみかがなければ死んでしまう。

明確なビジョンとして、電博に入る。ないしはエンタメ最大手に入る。とにかく新卒切符を納得できる企業に使う。それだけ。

その後の人生は内定した企業から決める。

いずれにせよ、人生で成し遂げたいことは決まっている。

まず、1番はお母さんだ。今お母さんは48。10年後は58歳。20年後は68だ。

お母さんに親孝行をすること。お母さんが望むことを全て叶えてあげることができるような人間になること。これを最短で叶えるためにはどうすれば良いのか考えながら、行動する。お母さんがやりたいと行っていたことは、

・WORKSHOPを海外でやること

ポルトガル・ブラジル・ヨーロッパ旅行をすること

・孫の姿を見せてあげること

・ツリーハウス・キャンピングカーを持つこと

ざっとこんな感じ?これらを実現するために必要なのは、お金と時間だ。

体調がいつまで健康か人間はわからない。だからこそ、これら全てにかかるお金が総額およそ、1000万くらいだとしたら、1000万キャッシュで渡せるような人間にならなければいけない。

何歳までに?10年後。10年後俺は、31歳。おかあさんは58。それまでにキャッシュでおかあさんに1000万渡せるような人間になっておかなくちゃいけない。

ってことは会社に所属するのは長くても5年くらい?それか、副業で月収複利で回して行って30までに年商1億達成する?

やりかたはいくらでもあると思うから考えながらだな。

 

30歳まで

・高層ビルに住むこと

・イギリスで毎週プレミアリーグを見る生活を2年以上すること

・NYないしはアメリカで仕事を定期的にすること。

・世界トップ人材になること→日本を代表するエンタメ実業家として日本のエンタメ業界を面白くすること

・憧れの芸能人・業界人と仲良くなる

・おかあさんの夢を叶えてあげる。(1000万くらい余裕を持つ)

・海外留学MBAとる

 

 

40際まで

・子供を二人以上授かること

・複数のビジネスを行い、年収1億円以上。

・日本と海外に家を買う

・サッカービジネスに携わる。クラブオーナーになる。

・日本最高峰、日本の歴史に残るエンタメを作る。

 

50際まで

・子供を全力で育てる

・家族を大切にする。家族と旅行や様々な体験をする。

・海外留学を経験させてあげる

 

60まで

・最高の人間関係を築き続け、人格者として生きる。

・やさしく、よわく、おもしろく

・映画・本を書く

 

死ぬまで

・ユニークに。少しでも「面白い」を多くの人に届ける

・いつまでもこどもでいる

・周りの人を愛する

・死ぬまで成長に貪欲に生きる

 

今日から改善すること

・FIFA19をやめる

→ジャンボゴールド選手パックを引き換えたらもうそれでやらない

・毎日自分の力で7時に起きる

・就寝および起床前後はスマホを見ない。

・寝る前、起きる時に今日やることをタスクとして認識すること

 

1/15_2019年1月下半期に入るにあたって反省。

1/15

 

ここ2週間を振り返る。

1月の過ごし方についてだ。果たしてどうだろう。年始の最初はパワーがあったが、徐々に起きれなくなり、今日に関しては風呂に入らず寝て、9時半に起きるという始末だ。ここから改善するために、今日からの過ごし方を改めて見直そう。

まず、自己評価。100点中10点くらい。理由は、起床時間と睡眠時間をコントロールできていない。家での過ごし方はYoutubeと動画とまとめサイトをみるくらい。締め切りギリギリのESを処理するのに追われて生産的な行動の継続は皆無だろう。

今日のサイバーエージェントの面接でもいかに普段言語化を怠っていたのか、深く考えていないのかが垣間見えて情けなかった。

今日で今年の24分の1が終わる。一年はあっという間。今年はとにかく自分を直視する。マイナスリターンを1日ずつ減らし。きっかけ、報酬、アクションの習慣の原理を理解して行動を改善して行く。

 

電博に入れなかったらどうする。他の企業ならどこなら大丈夫?リクルート・サイバー・フジテレビ

他にはほとんど思いつかない。それがやばいけど。

改めて今が一番の山場なんじゃないのか。

このタイミングで頑張れないと他に行きたい企業がまずない。ゆきやとツボに見せるツラがない。

だからこそ、優先順位を明確にしてやることをやろう。

 

今月のルール再確認。

マイナスリターン

Youtubeを見るのを卒業。

欲のコントロール

寝る時間と起きる時間をおざなりにしない。

プラスリターン

PwC・サイバー・デロイトファイナンス内定のために必要なことを全てやる。

ケース対策・GDの考え方を整理。

本を読んで思考の幅を広げる

自己分析と自己PRと志望動機の明確化

面接練習を繰り返す。

毎日7時起き。

毎日寝る前に1日の反省。現実の直視。阿月

最終的に俺はどうなりたいのか

【最終的にどうなりたいのか】
「圧倒的なクリエイティブマンとして名を馳せたい。」
「ヒットコンテンツの寵児になりたい」
 
クリエイティブで仕事を個人の名前でもらえるようにする
自分でエンターテイメントサービスを作りたい
放送作家・脚本描く人になりたい
トレンドとなるような音楽を作りたい
特別視される仕事につきたい
 
【自分の納得できる最低限の状態】
■年収:30歳年収2千万
■市場価値が高い:業界の中で名を馳せる・個人の名前を売る
■芸能人との関わり:女優との関わりを持つ(池田エライザ今田美桜生田絵梨花有村架純
■同年代の面白い人・トップティアの人たちと仲間でい続ける
■自分の尊敬している人との関わり:・中田英寿・前田裕二・秋元康桑田佳祐小栗旬と飲み仲間になる
■面白い仕事をし続けていたい
→面白い仕事って?クリエイティブ・脚本書く・上流のストーリーを描く力・独自の言葉使い・多くの人に認められる仕事→テレビ・映画・Youtube
■自己哲学を確立していてそれを世の中に表現したい(独自の言語化
何かを表現する・表現の文脈って?
コピーライター
人のプロデューサー
ヒットコンテンツの寵児
音楽プロモーション動画
 
【今からでもできること】
様々なひとのプロフィール動画を作成・ストーリー動画を作成しまくる。
VTuber放送作家として成功する
 
年収2000万円の内訳
個人の案件
1案件100万円×20
・事業収入
・案件ベース
 
 
 
コンサルティングファームに入ろうと思った理由】
・年収が高い
・自分の経営スキルを身につけることができる
・優秀な社員
・厳しい環境・やらざるを得ない環境
・若手のうちから裁量権が大きい
・転職市場でも価値高い
電博に入ろうと思った理由】
・年収が高い
・企業の名前としてバリュー
・トップティア
・社員が優秀
・面白いことを考え続けることができる
→面白いことってなんだ?
広告というクリエイティブをベースにしている。ビジネスにとって切っても切れないのが広告。消費者にどう商品を買わせるのか。
・転職市場でも価値が高い。
 
 
 

やりたいことリスト2019

【コンセプト】

■365日365勝
マイナスリターンを無くし、プラスリターンを増やしていく。
常に自分と自問自答をして、弱い自分に打ち勝つ。
どんなことがあっても週単位で日記を書く。
電博から内定をもらうためにトップダウンで行動する。
 
 

【年間目標】

 

電博・コンサルファーム内定 S

■風邪をひかない A 

■TOEIC900点以上取る C

■映画を50本見る A

■小説を月に1冊以上読む A

■ビジネス書を月に3冊以上読む A

■週報をつける A

■自己分析を就活生トップ1%の枠に入れるレベルでやる。自分の人生のアジェンダを明確にする S

■コミュニケーション能力の向上 S
言語化することによって、周りを巻き込める人間になる。
熱量とロジックを構築することで「誰か」になる。
人脈の最大化
■クリエイティブ思考を鍛える S
Adobeの映像編集で外部から仕事を委託する。(Photoshop AfterEffects Illustrator
→短編映画を3本撮る
放送作家としてラジオの番組を持つ。YoutubeやVoicyなど問わずアウトプットを月3回以上する。
→DJスキルを身につける。(リミックスを最低限できるようになる)
■30万円以上バイト以外で稼ぐ B
■ブログを50記事以上書く B
■自分のポートフォリオでエンゲージメント1万を超える B

坂本龍一のピアノ「戦場のメリークリスマス」弾けるようなる。 B

【日常】

■習慣改革

■マイナスリターンを減らす A

→目的のないYoutubeをやめる

→自分の行動をハンドリングする

→毎日NewsPicksで5Picksをする。

→ゲームを一切しない

■プラスリターンを増やす

→筋トレする

→毎日寝る前に1時間自分とアポを取る

SNSを毎日30分以内にする

■週に1本映画を見る

■常に意識を自分に向けた行動をする

 

 

【お出かけ】

足立美術館に行く

■ドイツに行く

■NYでブロードウェイを見る

■帝劇に3回以上行く

■小劇団の舞台を見に行く

 

 

【教養】

■年間12本映画を見る

■美術館に12回以上行く

■大学の教授10人以上と飲みに行く

■研究で優秀論文に選ばれる

 

 

【欲しいもの】

air pods 4月まで

i Pad Pro(12ー15万円)4月まで

名刺入れ

iPhone X

映像スキル・コピースキル・お金を生み出す普遍的なスキル

 

 

 

3年生の夏休み(今の気持ちを思うがままに吐露)

最近、ダメな自分に覆われている。

 

就活を通して自分と向きわなければいけないはずなのに、ちっとも自分と向き合うことができていない。

 

すっかり腐ってしまっている。新鮮さを売りにして新卒として今後社会に出ていくべきなのに、ちっともその思考やマインドは新鮮ではない。

 

この腐ったマインドを少しでもより良いものにするために必要なもの。それは、人生のミッションである。

 

人生のミッションを見つけることができれば、おそらくトップダウン型でミッションに対してやるべきことを整理して行動に移すことができるだろう。

 

しかし、自分の人生のミッションたるものを見つけ出すことが正直今の所できていない。

 

自分の使命は何か。

 

もはや、使命という考え方自体が時代に即していないのではないか。

 

そんなことすら考えてしまうほど、今の時代はグローバルで、ある程度インフラは整っているように感じるのである。

 

自分じゃなきゃダメだと思うことができるものを見つけ出すことに固執しても正直仕方がないだろう。。

 

もっと、自分がやりたいこと。やってみたいこと。それで幸せだと心から思えることに全力を注いだ方が良いはずだ。

 

ワークアズライフを実現することがまず必要だろう。

 

結局、インプットだけではひとは飽きてしまうだろうし、特に自分は男のロマンを追い求める必要がある。

 

人生を振り返った時によくぞやったと思うことができるような自分になっていたい。

 

自分が自分を認めることができる日がいつなのかわからないが、少なくとも今の自分は未完成そのものだ。

 

何をして未完成なのか。目標すら立てられていない。信念を持って生きることができていない。

 

結局今就活に向き合うことができていないのは現実逃避だろう。

現実を見れば、就活をすることで自分の人生がある程度見えてしまう。

 

想像できる自分の将来には期待できない。

 

おそらく自分は特別だというマインドが心のどこかに眠っている。

 

決してそんなことはないのに。凡人だからこそ、やらねばならない。

 

凡人だからこそ輝かなければならない。

 

エイトさんの哲学を今一度インプットして雑念・ノイズはすべて破棄して今やるべきことにフォーカスするべきだ。

 

おれは将来何をしたい?

 

誠実に生きろ。

 

言っていること・思っていること・やっていること。

 

すべてを一致させること。

 

 

それが一番の近道だ。

 

 

最近NARUTOにはまっている。

 

彼の名言にこうある。

 

「まっすぐ自分の言葉は曲げねえ。それが俺の忍道だ。」

 

自分もまっすぐ自分の言葉を曲げずに誠実に生きていこうと思う。

 

 

就活大戦争

就活生として、大きな門戸を叩かねばならない時期が刻々と迫ってきているわけである。

 

いわゆるモラトリアムという消費期限が愈々切れかかっているというわけだ。

 

今まで社会というものに対して、とりわけ社会問題というものに対して、感度の非常に低かった自分は、これからまず就職活動という枠組みを通して

社会とは何か。

自分とは何かというものについて深く考えていかねばならなくなる。

 

さて、そこで、特に社会のことも、企業のことも、社会人としての生き方もロクに考えてこなかった自分が浅はかな感度から思う志望業界と、志望会社を挙げておこうと思う。

 

まずは、広告代理店の博報堂電通

 

言わずと知れた、広告代理店は今の自分から見て非常に魅力的に映る。

 

理由としては、面白い商品と言うよりも、商品やサービスを広告という形をとったコミュニケーションによって伝えるという形に魅力を感じるからである。

 

この業界に入ればおそらくだが、自分はコミュケーションの本質を学ぶことができるのではないかと踏んでいるのである。

 

次点として、商社、コンサルが挙げられる。

 

そもそも、就職活動をする点において、自分自身絶対に、東京から離れたくないという意志がある。転勤などとは無縁の人生を歩んでいたいのだ。もちろん理由があり、自分の人生を会社の意思によって、大きく揺さぶられるというのはあまりにもナンセンスだと思うからである。

 

向上心の強い自分は、常に意識の高い仲間と切磋琢磨し、時には世界を見据えることのできる男にならねばならないのである。

 

そういった点において、この二つの業界は自分自身の社会的価値を高められるだけでなく、なおかつ自分自身のスキルアップも同時並行で早い段階でできるのではないあkと感じているのである。

 

ひとまず、この三本で業界は見ているが、エンタメ系にも強い興味はある。

 

いずれにせよ、新年度を迎える前の大学2年3/27の今日、ブログに記したことが将来振り返った時、どのように映るのか。

 

それだけが楽しみである。